■プロフィール

Author:ヨツバ
こんにちは、旭山動物園ですっかりにぎやかになった北海道旭川市でウェディングプランナーをしています。Clover(クローバー)江口です。

少人数の心温まるレストランウェディングや丘の街美瑛や富良野の大自然を生かしたリゾートウェディングなど、フリーのプランナーならではのお客様との距離の近さと小回りの良さで、みなさんの結婚式への想いを形にしたいと日夜頑張っています。

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■最近の記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
taisetsu Ji Beer Summer Wedding
先週の土曜日のこと。
この日大雪地ビール館にて婚礼が行われました。
週間天気予報は雨模様・・・
ヘアメイクの先生、私、晴れオンナなんですが~~~。きっと大丈夫です!!と妙な自信を持って当日ドキドキしながら挑みました。

曇りながらも持ちこたえている空。
どうか降り出さないでおくれ・・・と願いを込めながら会場の準備を進める。
テーブルのセッティングを確認し、そこにお花が飾られ、いつもの大雪地ビール館とは趣ががらりと変わり新郎新婦のご到着をワクワクしながら待ちます。
IMG_0215_convert_20090827162344.jpg

お客様は千葉県在住のお二人で、北海道勤務のときに出逢い、そして大地の祝福を受けながらここ旭川でウエディングパーティーを開催
それぞれ北海道勤務地で知り合い、そして絆を深められた方々。そして現勤務地での職場/ご友人の皆様がお二人の結婚を祝うべく全国から集結されました!
遠方にお住まいですのでなかなかお打ち合わせが出来ませんでしたが、メールと電話を駆使。
お二人の綿密なプランニングはプロ顔負けでした。手作りのゲームや地ビールのタンクを新郎が背負い、テーブルサービスを『ビアサーブ』したりとゲストの皆さんと楽しむウエディングをテーマにご準備を進めました。

手作りのメッセージボードや返信ハガキのメッセージを繋げてボールのカタチにした
<絆>メッセージボール・・・
てるてる坊主たちもエントランスに設置したウエルカムコーナーにて展示しました。
お二人のご友人が新郎新婦に代わって飾り付けをお手伝いしたりと和気あいあいです。

スタッフも緊張と高揚感、ドキドキとワクワクを共に味わい
そして新郎新婦の想いはパーティーの結びにてご挨拶で告げられる。

新婦からゲストへ感謝の気持ちをお伝えしたあと新郎へ「これからも宜しくお願いします」
(胸が打たれました・・・)
そして新郎から新婦へ誓いのことばと、そしてゲストへ感謝のメッセージを。

お二人のご準備、映像や印刷物なども全て手作りだったため大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした!

席札も手作りされ、なんとお箸を入れる袋にお名前を印字していらっしゃいました!!(凄い!!)
割り箸は林業の町、下川町の持続的な森林経営を認められた木材・FSC認証材から作られたものでご用意され、エコもウエディングテーマのおひとつに。

お二人のしあわせそうなお姿、私たちスタッフもしあわせのおすそ分けを戴き
とても嬉しいご結婚式でした

来年また爽やかな風がそよぐ季節になったら
美味しいビールを飲みに北海道へ遊びにいらして下さいね
スタッフ一同笑顔のお二人にお会い出来るのを心待ちにしております。


パーティーの司会進行を盛上げてくださったオフィスユーの丸田さとみさん。

IMG_0214_convert_20090827162417.jpg
パーティー終了後のひとコマ。
楽しくて嬉しくてあっという間のWパーティー。
暫くは余韻に浸りたいエグチでありました




スポンサーサイト
ウエディングレポート | 15:14:47 | Trackback(0) | Comments(0)
10月の花嫁 雪の美術館
今日の旭川は冷たい雨がふり、もうそろそろ雪の季節を迎える準備が必要な一日です。
皆さん、冬支度もうお済みですか?
今日はニットとジーンズでカジュアルデイ。
事務所に着いてホットティーで身体を温める(今日はホント寒い・・・)

さて先日10月25日にご結婚式を挙げられた「畑中さま 有満さま」
当日はわたし、着付の先生、司会者の晴れ女の結集により快晴でありました!
(そう思っているのは私たちだけかもしれないが)

8月の緑あざやかな季節にロケーション撮影をし、ここ北海道旭川の街並が一望出来る丘の上で前撮りを致しました。
Image067_convert_20081028120150.jpg
会場の中は雪の結晶のパネル写真を展示している「青」の部屋があって
Image070_convert_20081028115702.jpg
そこでも撮影をしました。

当日はちょっと緊張の面持ちで控室にて待機
Image167_convert_20081028115750.jpg

新婦みどりさんのご実家は鹿児島。
出逢いが九州で新郎悠紀さんの帰省のあと遠距離を経てこちら(北海道)へいらっしゃることになったそうです。
パーティーの中では鹿児島のご親戚やご友人が沢山いらっしゃるので
「森伊蔵」(本場高級焼酎)をご用意し、そして旭川はカクテルの街なのでバーテンダーさんにお願いし、おふたりの為にオリジナルカクテルを作っていただきました
Image168_convert_20081028115813.jpg

「パイプの煙」「ダーティーオールドマン」オーナーさんが会場に来て下さいました!
華やかでロマンティック、嬉しくて楽しくて美味しい!が叶ったこの夜。
お二人は楽しい雰囲気そのままを一緒に連れておひらき後会場を後にしました。

翌日北見にお帰りになったお二人でしたが本当に嬉しそうでした
Image169_convert_20081028115856.jpg

挙式とパーティーの撮影はフォトシーズン 飯塚さん
翌日「いい写真が撮れたよ、楽しみに待っていて」のメールが届き、三人でかなり盛り上がりました うわっ 楽しみ~~

ウエディングはプロフェッショナルな各分野のスタッフが集結し、パーティーを盛り上げ、そしてカタチにしていきます。

オリジナルウエディングなら勿論のこと。この日限りのお二人だけのウエディングチームです。
ご一緒に祝い、そして胸を共に熱くし、その時間を共有する。
その「時間」は私の大切な宝物となり、何年前でも鮮やかに蘇る忘れられない1ページなのです。

お二人の新たな歩みを私たちも心よりお祝い申し上げ、そして応援をしています!

旭川にいらしたときは是非遊びに来て下さいね!
お待ちしています

飯塚さんのお写真が出来上がる頃、また改めてアップさせていただきますね。
(上記撮影はわたくし江口写メでした。)








ウエディングレポート | 14:09:40 | Trackback(0) | Comments(2)
ウエディングレポート
新緑あざやかな6月、色々なイベントも催されお出掛けする機会も多いことと思います。
私ヨツバも「きものパーティー」の進行をお手伝いしたり、イベントに参加したり、太鼓(水祭にでます!)の稽古をしたりと毎日充実した一日を送っております。
きものパーティーでのレポートは進行役のため写真1枚も取れずにいたため、「ぴよ」さんのブログをのぞいてくださいませ! 
http://sikisaihiroba.cocolog-nifty.com/blog/
0042_convert_20080608150013.jpg

ハウスウエディングの良い所は、会場を貸切に出来てゲストを自宅に招くように「あたたかくて」「オリジナルウエディング」が叶うところでしょうか。
よく手入れをされた緑まぶしい芝生、小鳥のさえずりも心和む風景。
Gardenでウエディングセレモニーを行ったり、ウエルカムドリンクやデザートビュッフェを心地よいそよ風にふわりとふかれながらいただくことが出来ます。
ちいさいお子様はガーデンをかけまわって歓声をあげる・・・
ウエディングシーズンにぴったりな会場がここ「Maison de Piaget」一日二組限定のハウスウエディングが叶います。

ダブルハッピーで幸せいっぱいのS様ご夫妻。
0021_convert_20080608145938.jpg

しあわせのテーマを「クローバー」にして、ゲストの皆さまに見守られながら「人前結婚式」を行いました。
当日リハーサルを行うのですが、平均して新郎様の方が緊張度が高いように思われます。
入場のとき、誓約書を読み上げるとき、指輪の交換をするとき・・・
対照的に新婦様は比較的落ち着いているものですね。
時折笑顔をみせながら、隣で汗がにじむ新郎様を気遣っていらっしゃいます。
参列された皆さまから祝福の拍手で結婚を承認していただき、おふたり緊張がほぐれご退場。
0092_convert_20080608150040.jpg
0123_convert_20080608150103.jpg

会場をやわらかなカラーで包みたいというご希望でクリームイエローとマリーゴールドを基調としたアレンジメントで準備。
パーティースタートからおふたり緊張もほぐれ、こんなにいい笑顔
きっとBabyにも届いていますよ。たくさんの方々からの祝福のメッセージ。
ゲストの皆さまとグラスを合わせたあとは、新郎が祝い酒ならぬ「祝のビール」でテーブルラウンド
0213_convert_20080608150426.jpg

テーマカラーに合わせてお色直しのドレス。
新婦様のやさしくて柔らかい雰囲気にぴったりのお色、そしてやわらかな素材のフリルたっぷりのドレス。とてもお似合いでした
入場前の一コマ
0246_convert_20080608150133.jpg

ウエディングケーキをご入刀のあともそっと手を添えて。
フォトグラファーはこんな一瞬も見逃しません。(いいシゴトしてます!)
0294_convert_20080608150213.jpg

パーティーでお料理を作ってくださる岸シェフが奥様、スタッフのみなさんと一緒にお二人へケーナの演奏をプレゼント。
ヨツバも太鼓を持たされて一緒に出てしまいました
リハなしですけど何とかなりました(汗)「コンドルは飛んで行く」「花祭り」を演奏。
ゲストの皆様とおふたりもご一緒に楽しんで頂けたようです。よかった
そしてパーティーはあっという間におひらきへ。

沢山時間を掛けてお打合せを重ねますが、当日は2時間程度。本当にあっという間です。

ですからおふたりもうんと楽しんで欲しい!
そして日頃お世話になっているゲストの皆さま、そして家族に感謝のメッセージを伝えてください。これからもおふたりを支えて見守ってくださいます。

S様ご夫妻、ご結婚式を終えらた後ご来店頂き奥様がこんな一言を。

ーおめでたになって体調が不安定な時期もあったけれど、結婚式をあげて本当によかったー

ヨツバ感無量!
S様ご夫妻、これからもうんとお幸せに!
来月ご誕生予定のBaby 会えるのを楽しみにしていますよ!(ヨツバおばちゃんより)










ウエディングレポート | 16:18:57 | Trackback(0) | Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。